介護負担の軽減


 


近年在宅医療における薬剤師の取り組みがクローズアップされるようになりました。最近、国の政策ではでは、「訪問薬剤師」「かかりつけ薬剤師」「かかりつけ薬局」をキーワードに取り組みが行われています。
今までは、医師、看護師は「医療」介護士は「介護」と区分けされていたため連携をうまく行わないと不慮の事故が発生するリスクがありました。

患者側からすればQOL(生活の質)を高品質に保つことが最重要で医療、介護についてはその手段にほかなりません。さらに近年では、ADL(日常生活動作)の向上議論されるようになってきました。

今まであまり関わらなかった薬剤師にも協力を仰ぎより強固な連携を行うことにより不慮の事故の減少が期待できます。

このような現状を改善するために「医療情報処理システム2.0」が生まれました。
本システムを利用することにより、下に示した項目を改善するとともに人的指導が行き届かなかった部分を 補填することも可能です。

 

このような現状を改善するために「医療情報処理システム2.0」(WMIS2.0)が生まれました。
本システムを利用することにより、下に示した項目を改善するとともに人的指導が行き届かなかった部分を 補填することも可能です。

 

1.薬剤の重複 (40%)
2.併用禁忌の薬剤 (65%)
3.薬剤の飲み忘れ (30%)
4.薬剤の飲み過ぎ (45%)
5.服用薬剤の理解不足 (20%)

 

尚()内は在宅患者訪問薬剤管理指導又は居宅療養管理指導の取り組み後に効果が現れなかったパーセンテージ

 

さらに、劇薬処方の患者にはよりきめ細やかなフォローが必要なために 本システムの「飲薬時間のお知らせ」「飲薬確認」「非常時に家族、介護関係者」への連絡 は大きなアドバンテージなると考えます。

 

WMIS2.0を利用し、効率的な人材の訪問を行うことにより現在400億円と言われている在宅患者訪問薬剤管理指導等
により改善される飲み残し薬剤費の軽減を図ることが可能になり、さらには薬剤の適正投与による疾病の早期治療にも役立つと考えられます。

 

WMIS2.0の特徴である、
「飲薬が確認できなくなりシステムからアラームが発報」
された場合の人員の確保等を組み合わせればより確実な患者の安心安全の確保に寄与します。

 

出典)平成19年度老人保健事業推進費等補助金「後期高齢者の服薬における問題と薬剤師の在宅患者訪問薬剤管理指導ならびに居宅療養管理指導の効果に関する調査研究」

 



問合せ先

株式会社ウィズダム
167-0053
東京都杉並区西荻南 4-31-11
サークルキューブ西荻南106
E-mail: info@wisdom.bz
問合せ先

弊社では、「医療情報処理システム」を、広く利用して頂く為に、ビジネスパートナーを募っております。
問合せ先

「医療情報処理システム」を利用することにより介護負担の軽減が可能に!
問合せ先

「医療情報処理システム」を

動画で簡単に説明します。